秋田で太陽光発電の意義!

秋田は、年間の日照時間の長さでは全国最下位と、太陽光発電において、発電量の多さは必ずしも期待できるとは言えません。
しかし、太陽光発電には日々の暮らしで自宅の屋根で作った電気を使え、光熱費を抑えられるというメリット以外にも、多くのメリットがあります。
1つは、非常用電源としての備え、安心です。
東日本大震災の直後、停電が起きたり、電力不足の影響で、太陽光発電を設置しているご家庭は自立運転モードで、電力不足を乗り切ることができました。
もう1つは、地球環境への貢献です。
地球温暖化は深刻化しています。
世界中の人々が少しずつ協力し合ってCO2削減に励まないと、地球環境は破壊される一方となります。
そのための1つの努力が、太陽光発電の導入といえるのではないでしょうか。
日照時間が少ないエリアといっても、実際の発電量は、ご家庭ごとに異なってきます。
実際には、日当たりの良さ、屋根の形状や角度、太陽光モジュールを設置する屋根の方位も大きく影響します。
南向きの傾斜角30度の屋根なら、太陽光発電には最適なようです。