鹿児島で太陽光発電をする場合の補助等について

鹿児島では京セラ京セラ株式会社が主体となって鹿児島メガソーラー発電株式会社を設立したことで太陽光発電に関する関心が一層高まっています。
元々地球温暖化の観点からCO2の削減を目的に太陽光発電は注目されていましたが、震災後の節電や脱原発というさらに明確な目的から、日本全国で太陽光発電設備を自宅に設置しようという動きが高まっています。
それを受けて、国や県でも一定の補助をするようになり、現在は比較的対太陽光発電を導入しやすい環境が整いつつあります。
現在、鹿児島県では住宅用太陽光発電補助制度があります。
平成24年度に関しては既に2回(1回の募集あたり1000件)の募集が受付終了しており、現在11月下旬より第三回の募集が始まります。
補助金申込書の受付は先着順です。
対象となるシステムは太陽電池の公称最大出力またはパワーコンディショナの定格出力のうち10kW未満の太陽光発電システムであるものです。
補助金額は1kW当たりの補助対象経費(税別)が35,000円を超えて475,000円以下の場合には1kwあたり17,500円の補助が受けらます。
また1kW当たりの補助対象経費(税別)が475,000円を超えて600,000円以下の場合には1kwあたり15,000円の補助が受けらます。
上限は10万円までです。
これらはいずれも県からの補助ですので、それとは別に国からも補助を受け取ることができます。
対象者は・鹿児島県内の住宅に設置される方・自ら電力会社と電灯契約を結ぶ方・県税の滞納がない方です。
太陽光発電は発電で余った電力を電力会社が買い取ってくれますので、おおよそ10年程度で元が取れると言われています。
現在は補助金制度も充実しておりますので、ご検討の方は今が時期だと思います。