選びたい太陽光発電とは!?

太陽光発電といっても、様々なメーカーがあり、いったいどこがいいのか判断が難しいです。
太陽光発電導入の一番の目的である、発電量が多く、維持管理が楽で、見た目もスッキリの太陽光発電って、ないでしょうか?
発電量に関しては、屋根の傾斜角や設置する方位、日射量などにもよりますが、システム的に言えば、太陽光モジュールに大きく影響します。
最大モジュール変換効率、最大セル変換効率が20%前後あると、世界最高水準の発電効率が期待できるようなので、それを目安に選ぶといいようです。
そして、モジュールは性能がいいのはもちろん、軽量でコンパクトなものが望まれます。
なぜなら、屋根への負担が少ないからです。
既存の建物の屋根はもともと重量のあるものを載せることは想定されていないので、いくら環境にいい発電設備であっても、何かを載せるということは、屋根にとって負担になります。
なるべく軽量コンパクトで、狭い面積でより多くの発電ができるモジュールの方が効率も良いと言えます。