山形県での太陽光発電システムの設置に関して

現在CO2の削減と節電、脱原発が日本が抱える直近した環境問題と言えます。
これに対して、風力発電や太陽光発電が注目され始めメガソーラー計画に代表されるように日本各地に太陽光発電パネルや風力発電の風車が見受けられるようになりました。
今後ますます、国を挙げてこれらの事業が進められていくことだと思います。
特に太陽光発電システムはエコロジーな世界に向けての個人でできる対策の一つです。
山形県にお住まいの方々も自分の会社や自宅に太陽光発電システムを導入しようか検討されている方も多いのではないでしょうか?山形県では現在事業所向け太陽光発電関連の補助金があります。
『山形県エコ改修推進モデル事業費補助金』です。
LED照明、高遮熱性塗装、省エネ型ボイラー、ヒートポンプ、各種再生エネ導入などの、省エネルギー設備を整備する中小事業者が対象となっております。
補助金額は対象経費の3分の1以内で、上限は200万円です。
また、山形県では唯一山形市が平成24年度山形市太陽光発電装置設置事業費補助制度を行っており、一般家庭に太陽光発電システムを設置する場合に、市から補助金を受け取ることができます。
さらに、国からは補助金が出ます。
これはどなたでも受けることができます。
太陽光発電は設置費用が依然として高額ですが、設置から約10年から20以内に元手が取れ、それ以降がプラスになると言われています。
太陽光発電は発電した電力を売ることも可能ですので、節電=利益だと考えて是非ご検討下さい。